協会案内GUIDE

医療・歯科医療・介護に対する最新の情報の取得と提供

21世紀日本の医療・歯科医療・介護は、高齢化社会の進行に伴う需要の拡大と、増大し続ける医療費の抑制という2つの問題に取り組んで行かなければなりません。

この2つの問題は相反するものであり、その決定的な解決法は見つかっていません。 そのため厚生労働省は、各種医療・介護の制度改革や法改正を常時行っています。

また医療関係者や、民間企業もそうした改革や法改正に対応した運営を行っていかなければなりません。そのために必要なのが医療介護に対する最新情報の入手ということになります。メディカルスタディ協会では、こうした医療・歯科医療・介護の動きをいつも注視しながら最新の情報を取得・分析し提供していきます。

医療・歯科医療・介護の現場で実践できる具体的ノウハウの構築と提供

医療・歯科医療・介護業界の現場では、限られた予算の中で、各種有資格者が協力しあって、医療や介護のサービスを提供しています。

こうした現場のなかでは一定のルールに基づいて患者様や、利用者の人たちのニーズに答えたサービスを提供していることと思いますが、各現場独自の工夫というものもあります。

そうした現場の「知恵」の中には他の医療機関や、介護施設でも応用できるものがたくさんあります。メディカルスタディ協会ではこうした現場の「知恵」を集めて皆様に提供していきます。

医療・歯科医療・介護に対する定期研修会の実施と啓蒙活動

メディカルスタディ協会は毎月1回の定例会において、勉強会を実施しています。また、年に数回会員以外の方を対象とした外部セミナーを開催しています。

テーマは、医療・歯科医療・介護の中から問題となっていることを多数取りあげ各種専門家に講演を依頼しています。こうしたセミナーを通じ、広く多くの方々に医療介護業について考え、勉強する機会を設けさせていただいています。

医療・歯科医療・介護に携わる会員同士のネットワーク化と親睦

メディカルスタディ協会は、医療・歯科医療・介護の発展のために会員同士が相互に協力しあって勉強会を実施し、またお互いに情報交換をして会員自身の知識の向上につなげています。

メディカルスタディ協会では、こうした会員を今後とも増やしていき、よりレベルの高い会の運営を目指します。

また、メディカルスタディ協会では会員同士の親密さというものも重視しています。

毎月の勉強会の後にはお互いに心をうち解けて話ができる親睦の場をもうけていますし、夏には葉山でのバーベキュー、冬は温泉での忘年会を企画しています。

こうした勉強以外の活動を通じて、会員同士の結束を強くしているのです。